●プロフィール

 本田 拓夫 ほんだ たくお
 ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

   昭和19年2月3日生まれ 水瓶座 B型

   合資会社 武蔵野映画劇場 代表社員,代表取締役

   株式会社 井之頭会館 代表取締役

   吉祥寺公園通り商店会 会長

 ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇



本業:合資会社 武蔵野映画劇場 代表社員、代表取締役

         吉祥寺 「バウスシアター」創業52年、三代目社長である本田社長は吉祥寺出身である。

    バウスシアターの前身は「吉祥寺ムサシノ映画」 吉祥寺初の洋画専門の映画館だった。

    昭和59年、建物の老朽化等により、建替え。建替え直前、ロックをやりたいという若者の

    相談を受けるが、木造の建物であり近所迷惑にもなると考え、市の施設全てに断られた

    という若者達に一度はNOと答えを告げる。しかし、「吉祥寺は若者達がコンサートもできない

    文化都市なのか」自問自答を繰り返し、夜11時までという条件付で、受け入れた。

    この事件も建替えの大きなきっかけとなり、「場所が無いなら、自分たちが建てちゃえ!」と

    現在のバウスシアターは、ロードショーや他の映画上映だけでなく、20年程前から年に4回

    「シアター寄席」を開催している。武蔵野に拠点をもつ落語家の春風亭柳昇一門の方々の

    落語が聞けて、映画も観れる!ライブ、パフォーマンスが満喫できる多目的広場としても、

    老若男女が楽しめる娯楽場として、吉祥寺では名所となっている。

吉祥寺 バウスシアター 2002年4月の上映スケジュール
4月 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
バウス1 モンスターズ・インク コラテラル・ダメージ(5月末まで上映)
バウス2 インティマシー 親密 ロシアSF映画特集(5月10日まで上映)
バウス3 オーシャンズ11 モンスターズ・インク(5月末まで上映)
スペシャル料金表
バウス
1・2・3
月曜日:ナイスガイデー=男性は1.300円
水曜日:レディースデー=女性は1.000円
金曜日:ペア割引デー=男女お二人で2.600円
バウス
1・3
火・木曜日の最終回:ワーキング割引=1.500円
バウス
火・木曜日の最終回:ワーキング割引=1.300円
お問合せ:BAUS THEATER 0422(22)3555


がんばる業その2:株式会社 井之頭会館 代表取締役

             現在の吉祥寺北口、東急百貨店(旧 名店会館)斜め前、三井住友BKの場所に

             「井之頭会館」という娯楽場があった。現在もビル名はそのままで、吉祥寺村だった

             頃から創業78年、本田社長のお父様らが経営なさっていた。

             当時は集会場、映画、お芝居、浪曲など、異ジャンルのパフォーマンス劇場であり、

             庶民の憩いの空間だったという。時には、選挙事務所となった事もあったという。

             そんな環境の中で、本田社長は様々な「人」の表情を見て育った。

             一生懸命に演じる人、楽しみに観に来るお客さん、経営人の苦悩、喜び・・・・・。

             チケットもぎりや会場整理なども、子供の頃から経験していた。「人」の波間の中で

             体で覚えた五感は、今もなお、フル稼働している。

がんばる業その3:吉祥寺公園通り商店会 会長

             経営者なら、誰でも自分の商売優先で仕事をしたいと考える。しかし、吉祥寺をこよなく

             愛し、広く様々な環境を共有し、発展させるべく、力を注ぐ経営者の方々も沢山いらっし

             ゃる。本田社長も、吉祥寺では街づくりのリーダーの一人としても全精力を傾けて真摯に

             行動なさっている。「買い物だけではつまらない。文化的な街づくり」「音楽が発祥し、

             音楽が滲み出る街」そんな街を夢に、長年、吉祥寺を盛りたてて、支えてきてくださった。

             「人が笑ったり、泣いたり、喜んだりする姿が、街の中であってもいいじゃないか」

             幼い頃に体に染み付いた「人」のぬくもりを次世代に繋ぎ、吉祥寺の匂いを無くさず

             吉祥寺らしさを本当に深く考えて、見守ってくださっている。

             

趣味:海に行って船に乗ること。

    自然が大好きだという本田社長。バウスタウンの柱であるバウスシアターのバウとは船の先端を意味し、

    船の後方をスタンと呼ぶ。

    バウスシアターとして建替えした事は、「よく出来た事だった。今でも不思議」と振り返るそうだ。

    よそ見をせずにコツコツと船の先端と後方をバランスよく操縦しながら、大海原に浮かぶ船に乗る。

    そんな至福の時間を持っているって羨ましいですね〜。
    

夢:引退したら、世界遺産を巡る事



吉祥寺北口
サンロード商店会奥
五日市街道に出る手前の左側にある

バウスシアター

お言葉:優しい心を持つ。どこかでキラッ!と光る人間になりたい。

     これでいい!と思っていないし、人に好かれる人間になって行きたい。

★バウスシアターはjojitownポーターです!


編集後記

吉祥寺では、あまりにも有名なバウスシアター。

私はこの「強いパワーを発する空間」を維持し続けている方に、いつかはお会いできるだろうと

根拠の無い自信を持っていた。地元に暮らしていればこそ見えてくる率直な情報や、正義、心意気。

そんな人としかコラボレーションして行きたくない、私の拘り。

本田社長にお会いして、その拘りに、これまた根拠の無い自信を増幅させることができました。

広く色々な世界を見てみたいと願う私に、新たな心意気を注入していただきました。

何が出来るか?何がしたいか?いつ産まれるか?は解らないけど、何かはキャッチしました!

さっ!これから、記事の校正を頂きに伺って、「モンスターズ・インク」観てこよっと!


★back★

文責:jojitown hiromi 取材日:2002.4,9